BLACK DiVA

Rihanna / Anti

ディーヴァ、セレブ、ファッション・アイコン等々、

本来のリアーナとはかけ離れたところで

氾濫していくパブリック・イメージに対して、

“誤解されたとしても構わない! 真の姿をさらけ出すことで完全な自分になれる”

という、強い決意を表明する8枚目のオリジナル・アルバム。

 

 

 

SWV / Still


15年ぶりの復帰作となった前作から4年、グループのシグネイチャー・スタイルを貫き前進し続ける最新作。

ボーナス・トラックには名曲「Right Here」、「I’m So Into You」、「Weak」のリ・レコーディング音源が収録。

 

 

Janet Jackson / Unbreakable

2015年10月3日リリース

ジャネット・ジャクソンの、全米1位を獲得した前作『ディシプリン』(2008年)に続く、7年ぶり通算11枚目のアルバム。今作はジャネット自ら立ちあげたレーベル“リズム・ネイション”とBMGとのパートナーシップの下リリースされる期待作。

先行配信された「ノー・スリープ」は、ジャム&ルイス と ジャネット の共同プロデュース!ポップでリズミカルなトラックから、より R&B 的なサウンド、そしてバラードまで幅広い楽曲を聴かせる一枚。 (C)RS

 

 

Keyshia Cole / Point of No Return

ソウルフルなバラードから、ヒップホップ、オリエンテッドなストリートチューンまで 情感タップリに歌い上げるシンガーとして、R&Bフリークから絶大な支持を集める女性シンガー、キーシャ・コール。

今作のアルバムは、前作の 『Woman To Woman』 から約2年ぶり。現在所属している Interscope からの最後のリリースと言われている通算6枚目のニュー・アルバム。

 

 

TLC / 20

 

90年代の R&B をリードし、世界的に R&B の人気を爆発させた史上最高のガールズ・グループ、TLCのベスト・アルバム。2002年のレフト・アイの事故 死により、残された2人での活動も停滞気味だったが、自伝的な映画『CrazySexyCool: The TLC Story』の製作(10月公開予定)をきっかけに本格的に活動を再開。

「エイント・2・プラウド・2・ベッグ」「ウォーターフォールズ」「ノー・スクラブス」など、ラフェイスに残した大ヒット曲ばかりを収録。

 

 

 

 

1 / 1912345...10...最後 »