Perfume


ゴージャスなフローラルの香り、「フォーエバー(Forever)」はその深みのある香りと特別感あふれるパッケージングで現代のグラマラスを表現しています。ボトルはマライア が大好きなアートデコ調のデザインにインスパイヤされたもの。フォーエバーの洗練さとエレガンスが伝わってくるデザインです。

 

ビヨンセのデビューフレグランス「ヒート(HEAT)」は抗し難い魅惑でモダンなフレグランスのスピリットを具体化しています。このフローラルでフルーティ、ウッディな香りは他にはないセクシーな花々を表現しており、フェミニンな魅力にあふれています。「自分に自信あり、多くを望み、また望まれることを恐れない女性のためにこのフレグランスをつくりました」とビヨンセは語っています。

 


マライアキャリー「ルシャスピンク(Luscious Pink)」の香りは生き生きとしたシ卜ラスとベリーニの香りで勢い良く幕を開け、フェミニンなミドルノートへと開花し、ベースノートに官能的なムスクと温かくクリーミーなウッディが現れます。フェミニンでキラキラ輝き、とても優美なマライアの世界観を表現したルシャス(甘美)なフレグランス。

 


マライアキャリー初プロデュース香水「M エム(M by Mariah Carey)」がエリザベス・アーデン(Elizabeth Arden)から発売。幸せな幼年期の思い出と、現在のマライアを象徴するかのようなセクシーな香りのコントラストが対照的で魅力的。「香水はセクシーにしたかったの。まるで曲作りみたいだったわ。ほとんど同じような制作過程なのよ」とマライア自身が語っています。

 


日本酒、ローズ、マンダリン、ホワイトペッパー、アールグレイなど個性たっぷりではありますが、落ち着いた大人の女性の魅力をよりよく引き出してくれる「スティル/still」。香調はシアーセンシュアルフローラル。ミドルはフリージア、ジャスミン、バラなどフローラルノート。アールグレイティーのように少し甘めの香水で女らしさを輝かせます。

 


ジェニファーロペスが初プロデュースした「グロウ バイ ジェイロー(Glow by J.LO)」。白バラをベースにオレンジブロッサムなどの柑橘系をブレンドしており、シャワー後に残る石鹸のような優しい香りをイメージ。魅惑でセクシーな香りですが、全く嫌味がないのでどんなシーンにでもオススメです。

 

ドルチェ&ガッバーナ「D&G 3ランペラトリス(3 L’IMPERATRICE)」とは、タロットカード「女帝」のカードから。華麗でいてエネルギッシュ、人を惹き付ける魅力的な女性をイメージし、個性的で、華やかな香りに。フローラルフルーティの香調。